[@4



商品先物取引
プロの診断とアドバイス


両建解消法   クリック


【 2024/3/19、20、米連邦準備制度理事会(FRB) 政策決定会合

アアメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は19日、20日
FRBは19日から2日間、金融政策を決める会合を開き、20日公表された声明
では「経済活動は堅調なペースで拡大している。インフレ率はこの1年で和ら
いでいるが依然として高い水準だ」と指摘。そのうえで「インフレ率が持続的に
物価目標の2%に向かっていると確信が深まるまで利下げは適切ではない」
との文言を盛り込みました。そして会合の結果、政策金利を現在の5.25%から
5.5%の幅と、およそ23年ぶりの高い水準のまま据え置くことを決定しました。
FRBが金利を据え置くのは5会合連続です。FRBとしては高い金利水準を維持
することでインフレを抑え込むねらいです。
また、今回の会合でFRBは参加者による政策金利の見通しを示しました。
ことし2024年末時点の金利水準の見通しの中央値は4.6%で、政策金利の
1回あたりの引き下げを0.25%とすると、年内に3回の利下げが行われる
想定です。利下げの想定回数は前回12月時点の見通しと同じとなっています



週末4/19、NYダウは、金融、ヘルスケア銘柄に買いが入り2日続伸した。
優良ダウ工業株30種平均は211.02ドル高の3万7986.40ドル。
ハイテク株中心のナスダックは319.49ポイント安の1万5282.01。
 NY証券取引所の出来高は前日比1億7662万株増の10億7072万株。
 米主要経済指標の手掛かり難だったが、朝方好決算を発表した
アメリカン・エキスプレスが大幅高となるなかダウは取引序盤から買い優勢
の展開。イスラエルによるイランへの報復攻撃が伝わった物の中東情勢に
対する懸念が過度には高まらず、投資家心理を悪化させる要因とは
ならなかった。この日はエヌビディアなど半導体株が売り込まれハイテク株
が極めて軟調だったが、金融やヘルスケア銘柄などが買われ、
ダウは終日堅調な値動きを維持した。

4/22、東京は、、、、、、



(お電話、042-586-1722...鈴1木孝雄 にて ご相談下さい)
メール提示はご確認が取れてからとさせていただきます

両建の運用方法でお悩みの方
因果玉を保有されている方
プロの診断を受けてみたい方

                当方では、無料にて、今後の運用に関する建玉(銘柄)診断や計算式を利用した
              アドバイス
をさせていただいて居ります。特に、運用実績が伸び悩んでいる方、
              運用方法でお困りの方、今後の
展望に不安をお持ちの方
              是非お気軽にご相談ください。皆様からのご連絡、お待ち申し上げて。おります。
              また、新規に資産運用をご検討中の方も、お気軽にお問い合わせ下さい。qa
               まずは、下記宛所で御一報ください。(お急ぎの際は、まずお電話で!042-586-1722)
               誠意を持って、対応させていただきます。


                                  
ーこれからの戦略及び、 この所の一言アドバイス-

週末4/19、
NY金は、中東情勢の先行き不透明感を背景に、「安全資産」と
しての金の需要が改めて高まり続伸。中心限月6月物は15.80ドル高の
2413.80ドルと、3日ぶりに史上最高値を更新した。
 米メディアは、イスラエルが19日、イラン領土内に向けた攻撃に踏み切ったと
報じた。イランのメディアによると、中部イスファハンで「不審な物体」に防空
システムが作動したほか、軍事施設近くで複数の爆発音が聞こえたという。
報道が伝わった直後の時間外取引では、リスク回避の動きから一時2430
ドルを上回る水準まで急伸。ただ状況の把握が進むにつれて今回の攻撃は
限定的だとの受け止め方が広がった。また欧米メディアの報道として、
イランには当面再報復の意向がないと伝わった。この為、過度に高まっていた
中東情勢緊迫化への懸念がやや後退。その後は利益確定の売りも出て、
上げ幅を縮小した。



週末4/19、NY原油WTIは、中東地域の紛争拡大リスクの高まりを背景に
小幅続伸。中心限月5月物は0.41$高の83.14$。週間では2.94%
安となった。米メディアは、イスラエルが19日、イランを攻撃したと報道。
イランのメディアによると、中部イスファハンの軍事施設近くで複数の
爆発音が確認された。イランによる13日の対イスラエル大規模攻撃の
報復とされており、両国の対立激化への懸念が拡大。原油は買いが
優勢となった。ただ今回の攻撃は限定的との見方やイラン政府高官による
対イスラエルへの即時の報復計画はないとの示唆を背景に中東情勢の
緊迫化に伴う供給不安が幾分後退。取引序盤は
売りが優勢となる場面もあった。



6/23、トウモロコシと大豆の米国産新穀は今秋の大規模な生産高が予想される
なか今春以降の作付けも順調に進み、相場は軟調な展開が続いていた。だが
主産地での雨不足が生育に打撃を及ぼすとの懸念が浮上し単収に下押し圧力
がかかるとの連想から両相場は急反発している。 米農務省は16日付の天気
情報で「米中央部の高温域は北に拡大する見込みで19日までに北はサウス
ダコタ州までカ氏100度(セ氏約38度)に達する可能性がある」と指摘。「コーン
ベルト西側では特に干天に見舞われている地域で、高い気温がトウモロコシや
大豆へのストレスを大幅に高める恐れがある」と警告した。農務省のクロップ・
プログレスによると11日時点の「優・良」の割合はトウモロコシが61%と、
前年同時期の72%を大幅に下回っており主産州イリノイ州は48%に留まって
いる。一方、大豆も59%と、前年の70%を大きく下回り、ロイターによれば6月
中旬としては2008年以来の低水準という。大豆を巡ってはブラジルの豊作により
米国産の輸出需要は減退している。だが、国内需要は極めて旺盛な状況が続いて
おり、米アナリストはバイオ燃料としての大豆油需要を挙げている。

7/17日のシカゴ商品取引所(CBOT)の小麦先物相場は、ロシアによる
ウクライナ産穀物輸出合意の停止発表を受けて乱高下。ウクライナは小麦などの
穀物の主要な生産・輸出国。ロシア大統領府報道官はこの日、昨年7月に成立した
ウクライナからの穀物輸出合意が「事実上きょうで効力を停止した」と表明。
供給を巡る懸念から小麦相場は一時4%超高と急騰した。その後は下落に転じ、
前週末終値比1.2%安の1ブッシェル=653.75セントで取引を終えた。 





今週のワンポイント  クリック


ずばり今後の方針ただいま休診中

石油...3/19、(EIA)原油在庫が4週連続で増加、製品在庫も予想外の積み増し 売り転換
    穀物
....3/8、シカゴが急伸、更にアジアの時間帯の夜間取引で一段高、国内コーン 買い転換
 
   貴金属....3/11、2月のCPIは市場予想と一致、長期金利不変への安心感から金が買い転換

  ゴム..3/2、米長期金利の急上昇を受けてコモディティ市場が全体的に冷やされRSS 
売り転換

TOP
                        
お役立ち情報  クリック
(国内/海外相場・時間外取引・最新市況・その他)

各種データ
(海外相場速報・フジ インデックス・売買明細・各種銘柄データ・先物カレンダー)

日本商品先物取引協会

商品先物取引きと税金

商品先物取引振興協会

相互リンク

連絡先 

 鈴木孝雄 (すずきたかお)
電話番号 042-586-1722)  

Eメール 電話にてご連絡が取れた方のみとさせていただきます。
(メールには、必ず連絡先のお電話番号をご記入ください。)

なお、ご相談の際には銘柄や数量などの情報をお知らせいただくと、いっそう具体的な対応が可能となります。
ぜひ、ご用意のうえ、お気軽にお問い合わせください。


ごあいさつ

人それぞれの相場観には、独自の理論、感性をお持ちの方も多いようです。
それでも、迷う時や悩む時は必ず訪れるはず。
そんな折、豊富な情報を持ち、業界動向に精通した助っ人がほしくなる...。
私でお役に立つことがあれば、何時でも、アドバイスさせていただきます。
お気軽に、ひと声おかけください。 あなた様の迷い事を、ご一緒に解決しましょう。


自己紹介
(鈴木孝雄)

               神奈川県、横浜、生まれ
1965年 フジフューチャーズ㈱入社、一貫して、営業畑を歩む。
1980年 法人部設立に参画し、商社担当時代に相場歴を磨く。
蚕糸全盛時代には、全国の製糸、蚕販売業者から受託、時には大手筋の売り方、買い方の参謀的役割を果たす。
東北、関東、関西の当業者にはその名を知る人多し。
2002年 相場歴40年を目前に、外務員としての相場の集大成を目指すため、フルコミッションの外務員として、
活動しましたが、2017年末をもって退職しましたが、相場研究は今後より一層の研鑚を積む所存であります。

趣味は、バンジョー演奏です。


ご注意
●ここで公開されている、商品先物取引に関連するホームページは、私、鈴木孝雄が個人的な情報として公開しているホームページです。 公開内容の一部に、リンクさせていただいた他のホームページの情報を表示いたして居ります。それらの提供先団体等や私が所属する商品先物取引会社と、このホームページの間には、一切の関連はございません。
●掲載されている各情報は、公正かつ正確な掲載を心がけ、細心の注意を払っておりますが、内容の正確性が保証されているものではありません。 また、事情により各種情報の更新に遅延が発生する場合もございます。
●各種お取引は、ご自身の判断に基づき実施して下さい。
●掲載されている情報や内容の誤り、及びそれによって生じるいかなる損失についての責任は負いかねます。どうか、ご理解ください。
個人情報保護方針