[@4



商品先物取引
プロの診断とアドバイス


両建解消法   クリック


【 2024/6/11、12、米連邦準備制度理事会(FRB) 政策決定会合

米国連邦準備制度理事会(FRB)は6月11~12日に連邦公開市場委員会
(FOMC)を開催し、政策金利のフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を
現在の5.25~5.50%に据え置くことを決定。7会合連続での据え置きとなる。
据え置きの決定は参加者12人の全会一致だった。
発表された声明文のうち、金利以外の箇所では、インフレの状況に関し、
此の処の物価に関する指標を受けて「2%のインフレ目標に向けて控え目な
前進があった」と判断を修正した。また今回は声明文とあわせ、四半期に
1度のFOMC参加者による中長期経済見通しPDFファイルが提示された。

(1)FF金利は、2024年初来のインフレの動向などを踏まえ、前回のFOMC後の
会見などでも2024年内における利下げ回数の変更が示唆され利下げの減少
幅が注目されていたところ、2024年のFF金利の誘導目標の予測中央値に
ついては、5.1%と、現在の水準(5.25~5.50%)から1回分の引き下げとなって
いる。各参加者のスタンスをみても、2024年の金利水準について、現在の
水準の維持を想定する者が4人(前回2人)、1回分の利下げを想定する者が
7人(前回2人)、2回分の利下げを想定する者が8人(前回5人)となっており、
3回分以上の利下げを想定する者は0と前回と比べて大幅にタカ派に振れた。

他方2025年の金利水準については4.1%(前回3.9%)とされ引き下げは4回分
(前回3回分)と、1回分、利下げ幅が拡大している。長期見通しについては、
前回の見通しに続いて引き上げられ、2.8%(前回2.6%)となった。




7/24、NYダウは、前日の取引終了後に発表された米IT大手などの
決算を受け、ハイテク株に売りが膨らみ、大幅続落した。
優良ダウ工業株30種平均は504.22$安の3万9853.87$と、
4万$を割り込んで終了。ハイテク株ナスダックは654.94ポイント安の
1万7342.41で引けた。
NY証券取引所の出来高は前日比1億3905万株増の9億7692万株
 米電気自動車大手テスラが前日引け後に明らかにした4~6月期決算は
純利益が前年同期比45%減少。さえない業績結果を受けて取引序盤
から同社株は急落した。同じく前日取引後に公表されたグーグルの親
会社アルファベットの決算は増収増益だったが、十分に好感で
きる内容とは受け止められず、同社株も売り込まれた。
 両社株の下げを眺め、AI(人工知能)ブームを追い風に買われてきたIT
大手のマイクロソフトなどにも売りが波及した。ダウ平均は序盤から
軟調に推移。引け際に売りが加速し、下げ幅は500ドルを超えた。

7/25、東京、日経平均株価は630円65銭安の3万8524円20銭と
大きく値下がりして始まった。米国株の下落を受けて幅広い業種で売り
が先行し下げ幅を拡大している。あと日経平均株価は、前日に比900円
ほど安い3万8200円台前半で推移している。下げ幅は一時1000円を超
えた。24日の米市場でハイテク株比率が高いナスダックが大幅に下落し
日本株にも売りが波及している。
外国為替市場で円高・ドル安が進んでいることも売りを促している。



(お電話、042-586-1722...鈴木孝雄 にて ご相談下さい)
メール提示はご確認が取れてからとさせていただきます

両建の運用方法でお悩みの方
因果玉を保有されている方
プロの診断を受けてみたい方

                当方では、無料にて、今後の運用に関する建玉(銘柄)診断や計算式を利用した
              アドバイス
をさせていただいて居ります。特に、運用実績が伸び悩んでいる方、
              運用方法でお困りの方、今後の
展望に不安をお持ちの方
              是非お気軽にご相談ください。皆様からのご連絡、お待ち申し上げて。おります。
              また、新規に資産運用をご検討中の方も、お気軽にお問い合わせ下さい。qa
               まずは、下記宛所で御一報ください。(お急ぎの際は、まずお電話で!042-586-1722)
               誠意を持って、対応させていただきます。


                                  
ーこれからの戦略及び、 この所の一言アドバイス-


7/24、
NY金は、米長期金利の低下を背景に続伸。中心限月8月物は
前日比8.40ドル高の2415.70ドル。
 米連邦準備制度理事会(FRB)が早期に利下げに踏み切るとの見方が
広がる中、米長期金利が低下。金利を生まない資産である金の投資
妙味が増し、買いが優勢となった。
 一方、カナダ中央銀行は24日、主要政策金利である翌日物金利の
誘導目標を0.25%引き下げ、4.50%にすることを決めた。
これも米国の早期利下げ観測を後押しし、相場を下支えた。


7/24、NY原油WTIは、米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計で
原油在庫の減少幅が市場予想を上回っ事を受け反発。
中心限月9月物は前日清算値比0.63ドル高の77.59ドル。
 EIAが発表した19日までの1週間の石油在庫統計では、原油在庫が
前週比370万ba減と、ロイター予想の160万ba減を大きく
上回る取り崩し幅となった。また、ガソリン在庫も560万ba減
(予想40万ba減)と予想を大幅に上回る取り崩し。
ディスティレート(灯油系)は予想(同20万ba増)に反して280万baの
取り崩しとなった。
これを受け需給引き締まり観測が強まった事から原油が買われた。



5/6、● 小麦・トウモロコシ・大豆の国際価格は 2020 年後半以降騰勢
に転じ、2020 年 4 月から 2022 年 4 月までの 2 年間に 1.97~2.45 倍。
同様に農業資材の うち主要肥料の国際価格も2 年間に 2.30~3.94 倍。
● この価格高騰の背景には、短期的な要因としては、ロシアによる
ウクライナ侵攻、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の物流への影響
投機資金の商品市場へ の流入米ドル独歩高の 4 点、中長期的(構造的)
な要因としては気候変動・ 異常気象、世界人口の増加、中国及びその他の
新興国での食料需要の急増、バイ オ燃料向け需要の急増と競合の 4 点が
存在する事が主に指摘されている。価格 高騰は、直接的に、又は飼料価格
や原材料費等の上昇を通じて間接的に食料価格 の上昇を導いている。

7/17日のシカゴ商品取引所(CBOT)の小麦先物相場は、ロシアによる
ウクライナ産穀物輸出合意の停止発表を受けて乱高下。ウクライナは小麦などの
穀物の主要な生産・輸出国。ロシア大統領府報道官はこの日、昨年7月に成立した
ウクライナからの穀物輸出合意が「事実上きょうで効力を停止した」と表明。
供給を巡る懸念から小麦相場は一時4%超高と急騰した。その後は下落に転じ、
前週末終値比1.2%安の1ブッシェル=653.75セントで取引を終えた。 





今週のワンポイント  クリック


ずばり今後の方針ただいま休診中

石油...3/19、(EIA)原油在庫が4週連続で増加、製品在庫も予想外の積み増し 売り転換
    穀物
....3/8、シカゴが急伸、更にアジアの時間帯の夜間取引で一段高、国内コーン 買い転換
 
   貴金属....3/11、2月のCPIは市場予想と一致、長期金利不変への安心感から金が買い転換

  ゴム..3/2、米長期金利の急上昇を受けてコモディティ市場が全体的に冷やされRSS 
売り転換

TOP
                        
お役立ち情報  クリック
(国内/海外相場・時間外取引・最新市況・その他)

各種データ
(海外相場速報・フジ インデックス・売買明細・各種銘柄データ・先物カレンダー)

日本商品先物取引協会

商品先物取引きと税金

商品先物取引振興協会

相互リンク

連絡先 

 鈴木孝雄 (すずきたかお)
電話番号 042-586-1722)  

Eメール 電話にてご連絡が取れた方のみとさせていただきます。
(メールには、必ず連絡先のお電話番号をご記入ください。)

なお、ご相談の際には銘柄や数量などの情報をお知らせいただくと、いっそう具体的な対応が可能となります。
ぜひ、ご用意のうえ、お気軽にお問い合わせください。


ごあいさつ

人それぞれの相場観には、独自の理論、感性をお持ちの方も多いようです。
それでも、迷う時や悩む時は必ず訪れるはず。
そんな折、豊富な情報を持ち、業界動向に精通した助っ人がほしくなる...。
私でお役に立つことがあれば、何時でも、アドバイスさせていただきます。
お気軽に、ひと声おかけください。 あなた様の迷い事を、ご一緒に解決しましょう。


自己紹介
(鈴木孝雄)

               神奈川県、横浜、生まれ
1965年 フジフューチャーズ㈱入社、一貫して、営業畑を歩む。
1980年 法人部設立に参画し、商社担当時代に相場歴を磨く。
蚕糸全盛時代には、全国の製糸、蚕販売業者から受託、時には大手筋の売り方、買い方の参謀的役割を果たす。
東北、関東、関西の当業者にはその名を知る人多し。
2002年 相場歴40年を目前に、外務員としての相場の集大成を目指すため、フルコミッションの外務員として、
活動しましたが、2017年末をもって退職しましたが、相場研究は今後より一層の研鑚を積む所存であります。

趣味は、バンジョー演奏です。


ご注意
●ここで公開されている、商品先物取引に関連するホームページは、私、鈴木孝雄が個人的な情報として公開しているホームページです。 公開内容の一部に、リンクさせていただいた他のホームページの情報を表示いたして居ります。それらの提供先団体等や私が所属する商品先物取引会社と、このホームページの間には、一切の関連はございません。
●掲載されている各情報は、公正かつ正確な掲載を心がけ、細心の注意を払っておりますが、内容の正確性が保証されているものではありません。 また、事情により各種情報の更新に遅延が発生する場合もございます。
●各種お取引は、ご自身の判断に基づき実施して下さい。
●掲載されている情報や内容の誤り、及びそれによって生じるいかなる損失についての責任は負いかねます。どうか、ご理解ください。
個人情報保護方針